水光注射(すいこう注射)副作用

水光注射(すいこう注射)の副作用とデメリットとダウンタイムと失敗

以前から水光注射はありましたが、その時は、出血やダウンタイムの長さがあり、あまり流行りませんでした。

しかし、最新機器、自動注入システム・ダーマシャインの登場によって、これらの問題は解決し、今や人気の美容施術法の仲間入りを果たしました。

そうはいっても美容外科の注射なので、施術箇所に、注射針跡ができ、内出血になる場合もあります。針跡は2・3日、内出血も1週間ぐらいで治ります。その1週間は、マスクやメイクをするなどして対処します。

これは、他の美容外科で一般に行われる注射、ヒアルロン酸注射や小顔注射などと同じです。

内出血は人を選びます。内出血が出やすい人は、内出血になり、内出血が出にくい人は、内出血になりません。

また、注射後の赤い腫れも、他の美容外科で一般に行われる注射と同様にあります。


↑ PAGE TOP